若手社員施工管理部門

岡本 晋太

関西支店 工事部
2018年度 入社
設備学科卒

Q

仕事内容を具体的に教えて下さい。

現在は建物内の空調設備更改工事を主とした工事現場に常駐し、設備機器・配管更改工事の工程管理・安全管理の担当として従事しています。建物内のお客様に、工事の進捗状況や、翌日の作業内容を図面等を用いて説明し、お客様の業務に支障をきたさないよう調整したり、工事の記録写真の撮影や、安全関係書類のチェックを含む工事関係書類の整備の業務等、様々な事に携わっています。

Q

仕事の魅力や面白さ、やりがいを感じる場面を具体的に教えて下さい。

現在の工事現場は、沢山の工種や大勢の作業員と連携する事が大変多い現場です。良い事ばかりではなく、時には意見のすれ違いや、意思の伝達が上手く行かない事により、様々な場面で作業員と衝突する事もありましたが、大型機器の設置や、給水設備の切替作業等、重要な工程や、難しい局面を作業員全員で乗り越えた時は、経験した事の無い安堵感と達成感にやりがいを感じました。

Q

日本メックスに入社を決めた理由を具体的に教えて下さい。

会社説明会では、私と年齢の近い先輩方が、現在の業務内容や資格取得時の会社の充実した支援体制の説明、入社時と現在に至るまでの心境を熱心に話されていたのが非常に印象強く、この先輩方と共に働いてみたいと思った事が入社の決め手となりました。

Q

いままで仕事をしてきて、一番嬉しかったエピソードを教えて下さい。

初めて担当したお客様の事務所のコンセント・通信配線の整備を実施した時、お客様の要望にお答えできるように悩みながらも全力で取り組みました。完成時のご確認の際に、「今日から椅子でコードを踏む事も無く、仕事も捗るよ。ありがとう!」とお礼を頂いた時、小さく些細な仕事ではあったものの、大変満足しておられるお客様の表情に一番嬉しく感じた事を覚えています。

Q

学校で学んだ内容が仕事に活きたことはありますか。また、どんなことが活かせましたか。

当時使用していたテキスト等が、現場の確認作業時の参考図書として持ち出す機会が多く大変重宝しております。併せて、実習で経験した事が、現場の配管接続工法などの技術的な会話になり、思わぬ形で作業員とコミュニケーションが捗れた事、建設業法等や仕様書等を理解する上でも専門学校で培った経験が活きている事を日々感じています。

記載内容は取材当時のものです