若手社員施工管理部門

山田 駿真

関西支店 工事部
2015年度 入社
建築学科卒

Q

仕事内容を具体的に教えて下さい。

主な業務は、建物の改修工事の現場管理です。まず事前準備として設計図をよく読み、現場との相違がないかを確認。適した施工計画書と、工事工程表を作成します。工事が始まると工程通りに安全に作業が進んでいるか、品質は守られているかを日々チェックをするなど、現場中心の業務が多くなります。
また、この仕事ではお客様や設計者、多くの作業員と関わります。コミュニケーションや管理能力が不足していると、信用を失い、スムーズに工事が進まなくなってしまう場合もあります。それだけに、常に責任感を持って仕事をしています。

Q

仕事の魅力や面白さ、やりがいを感じる場面を具体的に教えて下さい。

お客様や作業員と密に打合せを行いながら工程を組んでいきますが、現場ごとに様々な制約があります。ほかの現場でできたことが、今回もできるとは限りません。その都度、現場のポイントを押さえながら、これまでの知識や経験から円滑で安全な施工計画を作成・実施できた時には、やりがいを感じます。

Q

日本メックスに入社を決めた理由を具体的に教えて下さい。

「今の時代は新しい建築物を造るだけではなく、老朽化した建築物であっても安心・安全・快適を保ち、いかに長く維持できるかが重要だ。100年でも1000年でもそこに建っていてほしい」と、先輩社員が熱弁している姿を見たとき、「ここだ!!」と思いました。「古い物よりも、新しい物の方がよいに決まっている」という、私の考えがひっくり返った瞬間でした。

Q

いままで仕事をしてきて、一番嬉しかったエピソードを教えて下さい。

集合住宅の建物改修工事が完了し、入居されるお客様に室内の説明をしました。その時、お客様が「すごく明るくて綺麗だね。汚さないように住まないと」と笑顔で話された時は、涙が出そうになるぐらいにうれしかったです。工事のプロセスで、いろいろ工夫したり、自分なりに苦心したことが一気に報われたように思いました。

Q

学校で学んだ内容が仕事に活きたことはありますか。また、どんなことが活かせましたか。

学生時代に使用していた建築学の教科書は、今でも重宝しています。社会人になってからは、学生の時よりも毎日が勉強!理解できないことをそのままにせず、調べて学ぶ習慣を会得していると、仕事に大いに役立ちます。また、現在はCADを使った図面作成を行っていますが、学校で学んだCADの授業のおかげで効率よく業務を進めることができています。

記載内容は取材当時のものです