若手社員施工管理部門

北嶌 良康

工事部
2015年度 入社
建築学科卒

Q

仕事内容を具体的に教えて下さい。

私の仕事は、いくつかの段階に分かれています。まず、担当する工事について現場調査を行い、見積りを作成します。その後、設計会社・協力会社と工事の方法や作業日程を打ち合わせ。工事をどのように進めていくか、プランを形作ります。工事が始まってからは、現場での安全・施工管理を実施。工事完了まで安全に、しかもスムーズに進行していけるように関係者とともに気を配ります。

Q

仕事の魅力や面白さ、やりがいを感じる場面を具体的に教えて下さい。

当社では、一つのプロジェクトには一人ずつ担当者が配置されます。担当になった場合は、事前の資料作成などの事務作業から実際の現場仕事まで、すべてのプロセスを担当者自らが管理。そのため責任は重大ですが、自分の考えたことを提案して、実行できるので、プロセス一つひとつがチャレンジの連続。プロジェクトが完成した際には、とても大きなやりがいを感じます。

Q

日本メックスに入社を決めた理由を具体的に教えて下さい。

仕事をするうえで、一番大切なのは人との交流だと考えています。
日本メックスの会社説明会や面接を受けていくなかで、採用担当者や先輩社員から仕事内容や資格試験のバックアップ体制について親身に話をしていただきました。これが大きな決め手。入社してからのイメージがしやすく、安心して入社できると感じました。

Q

いままで仕事をしてきて、一番嬉しかったエピソードを教えて下さい。

現場が完成した際に、お客様から「ありがとう」とお礼の言葉をいただいた時です。
自分の知識が乏しく、思うように現場管理ができずに悩んでいた時もありました。でも、上司・先輩や同期社員・現場での作業員の人たちに助けをいただきながら、無事に完成。苦労した分、喜びや達成感も大きいものでした。その時に、お客様から感謝の言葉をいただき、本当にうれしかったです。

Q

学校で学んだ内容が仕事に活きたことはありますか。また、どんなことが活かせましたか。

学校では、教科書よりも先生を通して学ぶことが多かったと思います。例えば、実際の現場仕事の苦労・おもしろさや、社会人としてのマナーなど。そうした予備知識があったので、入社後の戸惑いもなく、スムーズに会社に馴染めたと思います。職場に早く溶け込めたことで、報告・連絡・相談も円滑にできているので、良好な人間関係に繋がっています。

記載内容は取材当時のものです