若手社員施工管理部門

照内 裕貴

ES本部 工事部 電気担当
2016年度 入社
電子情報システム学科卒

Q

仕事内容を具体的に教えて下さい。

施工管理部門の電気担当として勤務し、現場監理を任されています。ひと口に現場管理と言っても、その仕事は多岐に渡ります。お客様や作業員との打合せから、施工図・官公庁届出などの作成。現場での仕上がりの確認や、作業員に対する安全指導などなど、様々な仕事に携わっています。たいへんですが、いろいろな経験を積むことができます。

Q

仕事の魅力や面白さ、やりがいを感じる場面を具体的に教えて下さい。

同じ内容の工事でも、現場の状況や条件によって施工方法が異なり、ひとつとして同じ工事はありません。どうすれば早く工事が終わるのか、どうすればお客様に満足いただけるのか。現場ごとに、一つひとつ試行錯誤を繰り返します。自分の知識と経験をフルに使って考えてチャレンジすることに、やりがいとおもしろさを感じています。

Q

日本メックスに入社を決めた理由を具体的に教えて下さい。

日本メックスは、工事と維持管理の両部門がある珍しい会社です。若手社員のうちに工事部門で知識や技術を学び、その後に維持管理部門へ移れば、2分野の習得が可能。この会社なら、工事部門・維持管理部門の両方で培ったスキルを活かして、社会の持続的発展に貢献できると考えました。

Q

いままで仕事をしてきて、一番嬉しかったエピソードを教えて下さい。

長野県の現場に、3カ月ほど滞在していたことがありました。工事の規模も大きく、総額1億を越える現場。慣れない環境のなかで大きな工事を担当し、相当のプレッシャーがありました。それだけに、無事に工事を完遂できた時の安心感と達成感は、今でも忘れられません。

Q

学校で学んだ内容が仕事に活きたことはありますか。また、どんなことが活かせましたか。

もともと大学では、情報・通信分野の勉強をしていました。そのためNTT関連をはじめ、情報系のお客様との打ち合わせなどで情報・通信関連の専門用語が出ても、わりとすぐに理解でき、話がスムーズに進行します。こうした円滑なコミュニケーションを取ることができるのは、学生時代の専攻の利点だと思っています。

記載内容は取材当時のものです