育児・介護支援

育児・介護支援

ライフプラン休暇

業務外の傷病、子供の育児、家族の看護などで5日以上休業する必要がある場合、積み立てた日数の範囲内で取得することができます。

出産休暇

女性社員が出産する場合、産前6週間、産後8週間まで休暇を取得できます。

育児休業

子が1歳6ヵ月に達するまでの間、育児休業をすることができます。

介護休業

家族の介護のため勤務ができない場合は、介護休業をすることができます。

育児及び介護のための短時間勤務

小学校3年生までの子を養育する社員、または家族を介護する社員は、短時間勤務制度が利用できます。

子の看護休暇制度

病気・けがをした子の看護のために、休暇を取得できる制度です。

育児及び介護のための時間外労働の制限

3歳に満たない子を養育する社員が、時間外労働の免除を申し出た場合は、所定の労働時間を超えて勤務を命ぜられることはありません。
また、小学校就学の始期までの子を養育、または家族を介護する社員が、時間外労働の制限を申し出た場合は、1か月について24時間・1年間について150時間を超えて勤務を命ぜられることはありません。